So-net無料ブログ作成
検索選択

ガリレオの苦悩 by 東野圭吾 [文化的生活]


ガリレオの苦悩

ガリレオの苦悩



買った。読んだ。ドラマを作者が楽しんではるなあという感じ。
いつのまに湯川の腕が長くなったのだろう。
トリックは面白いものがいくつかあった。
だんだん科学対非科学でなくなった感じがある。
科学者対科学者というか。
王子様対残りというか。
内海薫は多少実験の下手な理系女子的なので、科学部の会話のような面白さがある。
やっぱり東京大学から西側付近がたくさん出てくるので、
さあ湯川の住まいはどこなのか、は気になる。たぶん本郷なのか?
でもそうすると、あれほど何度も江東区の地名が出てくるのが気になってしまう。
大学の近く、なのだろう。最小作用の原理からして。
じゃあ帝都大学はやはり本郷にある大学なのか?
インスタントコーヒーの一件については、伏線が張ってあるので、面白い。
小さなエピソードがそこそこ面白い。
個人的には聖女よりもドラマ向けで好きだ。
ただドラマにされるときっとまた意味の分からない変更を受けてがっかりするのだろうけれど。
ガリレオが完全に役者の形状にはまってしまったのは、多少残念ではある。
きれいだからそれでもいいのだが、うーむ。
今後の展開としてそれでいいのか?
明智小五郎や金田一耕介とか、ああいうのにするほうが、商売としては得策ではないのかと思うが、
まあいいか。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。